HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

昭和10年10月 創業者野口 章が東京都港区芝に「芝水道商会」を創設
給排水煖房等の管工事業を営む。
昭和25年 3月 東京都新宿区筑土八幡町に移転。
昭和28年 7月 株式会社に組織変更、資本金50万円とし、名称を『芝工業株式会社』と改め、
代表取締役に野口 章就任。
昭和29年 8月 千葉県千葉市に本社社屋新築、新宿区の店舗を東京本店とし、
資本金を100万円に増資。
昭和30年 3月 新潟県小出町に新潟営業所を新設。
昭和31年11月 資本金300万円に増資。
昭和32年 3月 神奈川県川崎市渡田町に川崎営業所を新設。
昭和34年 9月 資本金600万円に増資。
昭和35年 9月 資本金900万円に増資。
昭和36年 7月 東京都新宿区津久戸町に東京本店社屋を新築移転。
昭和37年 3月 神奈川県横浜市神奈川区に横浜営業所を新設。
昭和37年12月 資本金1,800万円に増資。
昭和38年 3月 長野県松本市に長野営業所を新設。
昭和38年12月 資本金3,000万円に増資。
昭和41年10月 福島県大熊町に福島営業所を新設。
昭和45年10月 資本金4,500万円に増資。
昭和46年12月 静岡県伊東市に東海営業所を新設。新潟営業所を小千谷市に新築移転。
長野営業所を大町市に新築移転。埼玉県新座市に志木倉庫を新築。
昭和47年 4月 千葉県千葉市若葉区桜木町に資材加工工場を新設。
昭和48年 9月 資本金4,900万円に増資。
昭和50年 1月 東京都新宿区山吹町(現住所)に東京本店社屋を新築移転。
昭和51年 2月 埼玉県新座市に埼玉営業所を新設。
昭和52年10月 資本金9,800万円に増資。栃木県宇都宮市に宇都宮営業所を新設。
昭和54年 4月 埼玉営業所を浦和市に移転。
昭和54年12月 資本金1億4,700万円に増資。
昭和56年 9月 新潟営業所を長岡市に移転。
昭和60年 6月 社長野口 章が代表取締役会長に、副社長野口 勇が代表取締役社長に就任。
平成 2年 6月 長野営業所を松本市に新築移転。
平成 3年12月 資本金2億円に増資。千葉県茂原市に茂原営業所を新設。
平成 7年 5月 埼玉営業所を与野市に移転。
平成 9年12月 横浜営業所を支店に改め中区に支店社屋を新築移転。
平成11年 3月 新潟営業所を刈羽村に新築移転。
平成12年 3月 埼玉営業所を北関東営業所として改組しさいたま市に移転。
平成13年 8月 本社及び営業所における総ての部門を対象としたISO9001の認証を取得。
平成20年 6月 千葉県浦安市に浦安営業所を新設。
平成22年 6月 建築工事業、消防施設工事業、電気工事業の特定建設業許可を取得。
平成24年 6月 社長野口 勇が代表取締役会長に、専務野口 恭男が代表取締役社長に就任。